全てこっちが悪くなった事故事例

国道を走行中、前のほうが混雑をしてきて停止をしました。
そのまま停止をしていると、いきなり車ごとはじき出されて、気がついたら反対車線まで動いていました。

一体何が起こったかわからず呆然としてしまいました。顔から血が出ていて、スカートなども血で汚れていました。
後ろから、すいませんと謝罪してくる男性が来て、ようやく追突されたのだと気がつきました。

事故

反対車線に出てしまっていて、反対車線側の車からクラクションを浴びせられて、取りあえず自分の車線に戻らないといけないと思い、車がどうなっているか分からずに何とか自分の車線に戻りました。

その後は警察と救急車を呼んでもらって、車の中で待機していました。辛かったのは、追突されたので完全に被害事故だったのに、反対車線の人から怒られたり、事故のせいで余計に渋滞を引き起こしてしまい、後ろの人に申し訳ない気持ちで一杯でした。私のせいではないのに、と何度も思いました。

警察と救急車が来て、取りあえず聴取は後日でいいから救急車に乗りなさいといわれ、車はどうしたらいいか分かりませんでした。
警察の方に尋ねたら、レッカー業者とか保険でできないなら、警察レッカーで運ぶよと言われましたが、レッカー代はどうなるんですか?と聞いても、あとは当事者同士で話して決めてください。相手が払ってくれなければ自分で払ってくださいと言われました。

警察からも見放されて茫然としてしまった

警察は民事不介入なので、あとは当事者同士でと言い方がとても冷たかったです。こっちは初めての事故でとても不安に思っているのに、加害者の人にせめてあなたが加害者なのだからレッカー代等は払ってあげなさい、などとアドバイスや忠告だけでもしてくれたら安心できたのにと思いました。

後で色々手続きをしたら、自分の保険でもレッカーが無料であったし、被害事故の場合は加害者の保険会社が支払ってくれるそうですが、現場での突然の混乱の場面ではどうしたらいいか分かりませんでした。お金がかかりたくなかったので、両親を呼んで、後部バンパーをはずして何とか自宅まで持っていってもらいました。

その後は救急車に乗って病院に行きましたが、その日は日曜日だったためろくな検査もせずに、明日精密検査に来てください。骨折はないようなのでと返されました。
被害事故だったのに、面倒で時間がかかると感じたのが、警察での聴取とレッカーや修理工場への手配、病院の長時間の検査でした。自分のお金というわけではないのですが、事故をすると本当に時間もかかるし面倒だと感じました。
相手の方は、会社の営業者だったようで上司の方と謝罪に来られたのと、あとは保険会社が賠償をしますのでと、保険会社に一任されました。

それからはまた面倒でした。修理工場に持っていった車は、後部がグシャグシャになっていたので全損になってしまい、古い車だったのでそれほど価値がないと見なされて10万円を支払って終わりと言われました。

納得できないということと、10万円では同じ車は買えないと交渉を父親にやってもらいました。
女性だと甘く見られるとアドバイスされたのと、父が嫁入り前の娘に怪我をさせておいて10万円と怒っていたら、何故か10万円から30万円まで上がりました。
女性が窓口になって交渉すると、というよりも、一番初めは最低金額で保険会社も交渉してくるのでそこで納得したら、最低限の賠償しか受けれないのだと勉強になりました。

追突なので当然0:100で相手が悪いので自分の保険が使用しなくてすみますが、人身傷害保険と搭乗者保険が自分の保険に担保されていて、そこから怪我の対応を等級が下がらずに受けることが出来ました。

車の示談についてはこちらが納得したらすぐに済みましたが、怪我はまだ治っていなかったので、こちらは3ヶ月ほど示談になるまでかかりました。
怪我は顔面打撲にムチウチで全治2週間と初めは診断されましたが、2週間では治りませんでした。

最も仕事が忙しくて通院したのはほんの数日でしたが、こちらでも賠償を受けれて、最終的に円満に解決ということになりました。

とにかく事故が起こって一番不安なのは、事故現場にいるときです。自分でどう行動していいのか、何をしたらいいのか分からず、右往左往するばかりで、怪我をしていても事故処理を優先させなければならず本当に不安でした。

あとで思ったのは、保険会社の連絡先を携帯に入れておけばよかったと言うことでした。今まで自分がどんな保険会社に入っていたのすらあまり興味がなく、事故の後で連絡してみて色々アドバイスを貰ったり、現場でどうすればよかったかなど説明してくれました。通常は今回のような被害事故の場合は相手の保険が全て払うのですが、保険に未加入の人もいるので全員が全員賠償を受けれるわけではなく、そういった場合は自分の保険で対応してもらうしかないのです。

事故をして始めて保険のありがたみを知り、今度事故が起こった場合は加害者になった場合でもスムーズに対応できるようになりました。

関連サイト↓
アルファードの中古が安い!