観光地に車で行った時、事故にあいました。

観光地に車で行った時、事故にあいました。

こちらの方が大通りに出ようとした時、右側から走って来た車とぶつかりました。

こちらは正面から相手の前方左側面にぶつけました。

一時停止をしてから道路へと出ようとしたので、少し速度を出しました。

相手は普通の速度で走って来ました。

事故をした相手とは車の修理代について話し合いました。

こちらに過失があったので、こちらの保険を使って全額、修理代を出すということになりました。

相手はそれならいいと承諾してくれました。

又、病院で相手の診察もした方がいいと思い、病院へ一緒に行くことにしました。

深夜でしたので、何処の病院がいいかと相談しました。

警察を呼び、お互いのどういった状況でぶつけたか、ぶつけられたかを聞かれました。

警察の方では簡単に名前や住所なども聞かれました。

後は保険会社に電話をして、保険会社が全てをやるということで任せました。

修理会社も保険会社が探してくれましたし、後は修理会社が来るのを待っているだけでした。

相手の修理代も保険会社が支払ってくれましたし、こちらの修理代も会社が全て払ってくれました。

過失割合はこちらが全て負担しました。

苦労したのは深夜ですぐには修理会社に繋がらなかったことです。

次の日にならないと修理会社が始まらないので、それまで壊れた車の中で過ごしました。

秋でしたので、とても寒くて大変でした。

不安だっのは1人で壊れた車の中に居る時でした。

知らない土地でずっと何も食べずに座っていたのも辛いところでした。

心配なのは本当に電話1本で保険会社が全てをやってくれるかということでした。