相手が逃げた私の事故体験

私は今から3年前に自動車事故に遭いました。

過失は完全に向こうにある事故です。

会社で歓迎会をした帰り道、普段なら通らない道を通ってしまいました。

その道には中央線がなく、道幅は広くありませんでした。

でもそれほど危険はないだろうと思って帰路を急いだのです。

すると、前方からスポーツタイプの自動車が時速40K前後で走ってきました。

それほど速くないスピードだったのであまり気にしていなかったのですが、ずいぶんと直前まで中央に寄っていました。

こちらもスピードを落として、早く中央によらないかと思いながら自動車を走らせていました。

すると、向こうはまったく道路の端に寄せることなく、スピードも落とすことなく突っ込んできたのです。

そして私もよけきれずにほぼ正面衝突の形で交通事故になってしまいました。

あまりのことに愕然としていると、今度はさらに予想だにしないことが起きました。

それは、逃走です。

相手の車が交通事故を起こしたにもかかわらず逃げたのです。

あわててあとを追いましたが、時すでに遅しで追いつくことができませんでした。

おそらく携帯電話をいじっていたか、飲酒していたのだと思います。

でも、これによってとても困りました。

なぜなら相手がいなければ相手の保険会社からお金がもらえないので、車の修理費用を自分で出して直さなければならないからです。

車両保険も入っていませんでした。

数日間最悪な気分が続きました。

すると幸運なことに警察から1本の電話がかかってきました。

何か悪いことでもしたかなと思いましたが話を聞いていると嬉しい知らせでした。

電話の内容は、事故した相手が見つかって出頭しているという事でした。

私はすぐに警察に行ってこの相手に対して文句をいい、車を直すように言いました。

そして保険会社に話をつけてもらって10対0の割合で向こうが悪いことにしてもらったのです。

最後は一件落着しましたが、本当に最悪な体験でした。

免許を取得してすぐの事故

自動車免許を取得して、たまたま友人の親族が使っていない軽自動車があるということでその車を譲り受けることができ、るんるん気分になっていました。

そしてちょっと遠くまで行ってみたいという気持ちが高まり、自動車で池袋という都心部までドライブしてしまったのです。免許を取得してまだ数ヶ月でしかも都心の複雑な交通事情であり、その時は明らかに舞い上がっていたと思います。

案の定、周囲が良く見えていない状況、しかも道もよくわからない中で車線変更をしたら、すぐ隣を走っていたのがBMWであり、ドンというか、バリっという音と衝撃で何が起こったのがわからない感じでしたが、事故ってしまったということは隣に自分の車にくっついて車が止まっていたのですぐにわかりました。お高いBMWとやってしまったのでまいったという気持ちでとにかく謝りました。あせりと動揺はもの凄かったのですが、それ以上に動揺していたのが相手のドライバーの女性でした。かなり怒ってもいましたが、信じられないという反応で顔色も真っ青になってしまっていたのです。

たまたまその向かい側に交番があり、そこまで2台で走って向かい事故処理をしてもらうことになりました。女性は自分にはミスがない、ただまっすぐに道を走っていただけであり、そっちが勝手に車線変更してぶつかってきたという弁論に終始していました。初めての事故で私もかなり動揺していましたが、相手の言うことはその通りであり、自分が悪いにもわかっていましたのでとにかく迷惑をかけたこと、その相手の主張を受け入れて自分が悪いことを認めて謝りました。

その後、保険屋に連絡を入れて後はすべての処理をお願いしました。自分の車はたいしたことがなく、相手の車も大きなへこみはなかったようでしたが、修理費用は33万円くらいで事故は9対1ということで敗北です。初めての事故は苦い経験になりましたが、それが元で運転には慎重でなければならないことを学びました。

観光地に車で行った時、事故にあいました。

観光地に車で行った時、事故にあいました。

こちらの方が大通りに出ようとした時、右側から走って来た車とぶつかりました。

こちらは正面から相手の前方左側面にぶつけました。

一時停止をしてから道路へと出ようとしたので、少し速度を出しました。

相手は普通の速度で走って来ました。

事故をした相手とは車の修理代について話し合いました。

こちらに過失があったので、こちらの保険を使って全額、修理代を出すということになりました。

相手はそれならいいと承諾してくれました。

又、病院で相手の診察もした方がいいと思い、病院へ一緒に行くことにしました。

深夜でしたので、何処の病院がいいかと相談しました。

警察を呼び、お互いのどういった状況でぶつけたか、ぶつけられたかを聞かれました。

警察の方では簡単に名前や住所なども聞かれました。

後は保険会社に電話をして、保険会社が全てをやるということで任せました。

修理会社も保険会社が探してくれましたし、後は修理会社が来るのを待っているだけでした。

相手の修理代も保険会社が支払ってくれましたし、こちらの修理代も会社が全て払ってくれました。

過失割合はこちらが全て負担しました。

苦労したのは深夜ですぐには修理会社に繋がらなかったことです。

次の日にならないと修理会社が始まらないので、それまで壊れた車の中で過ごしました。

秋でしたので、とても寒くて大変でした。

不安だっのは1人で壊れた車の中に居る時でした。

知らない土地でずっと何も食べずに座っていたのも辛いところでした。

心配なのは本当に電話1本で保険会社が全てをやってくれるかということでした。